いろいろバンド・音楽ネタライブ情報ライブレポメシ・料理未分類
こんばんは、erasers(イレイサーズ)です。このBLOGでは、erasersベース・ギター&ボーカルよっしーの過去、現在そして未来などを赤裸々に(?)語っております。erasersのホムペはこちら → http://erasers.web.fc2.com/  ライブ出演依頼等はこちらまで → erasers.440@gmail.com
2013.03.20 Wed
松葉杖だとちょっと厳しいからね。
行きたい展覧会もあったんだけど、ずっと断念してたんだよ。
(おかげで終わっちゃったりとか。。)

でも、もう大丈夫!
今週から完全に、もう杖は要らないよマイ・ライフだから。

てことで行ってきました!

  会田誠展『天才でごめんなさい』@森美術館

いやーー、ホントにホントに素晴らしかった!!!
展示内容は、モリモリたっぷり盛りだくさん。
意外にも空いてたので、ゆっくりじっくり2時間半。
満喫させてもらいましたー!!

何と言うか、、
『彼は自らの全てを解き放ち、ありとあらゆる表現方法を駆使して、
観る者にものすんごい豪速球を投げつけてきます。ものすんごい変化球を投げつけてきます。
当然、僕らはそんな球を打ち返せるわけはありません。
というか、その球は僕らの体に向かって飛んでくるので、とても避けきれるわけがありません。』
てイメージかなーww

ありとあらゆるテーマを(社会問題・戦争・原発・サブカル・性…、特にテーマがないものあるけどそれも面白い)、ありとあらゆる表現手法を駆使して(絵画・立体造形・空間展示・写真・マンガ・コラージュ…)、もちろん、創り手のフィルターを通してではあるけど、観客にバーーン!!とぶつけてくる。そのパワーがすんごいんです!

それから、その”創り手のフィルター”が異様に特殊なんです!
そんな発想あるの!??みたいな。そこから攻める!??みたいな。
だから、表現方法としては、かなり奇抜だったり過激だったり、します。
人によっては嫌悪感を持ってしまうかもしれない。
でも、だからこそ伝わるものがある、ような気がします。
(あえて確信犯的にそういう表現方法を使っている部分もあるかもしれません。)

うーむ。。
”誰もが心地良く感じたり、美しいと思うもの”が人を感動させるわけじゃないんだね。
奇抜だったり過激だったり、人によっては嫌悪感を持ってしまうようなものでも、というか、そういうものだからこそ、グググッ!と突き刺さるものもあるんだ!
と実感したよ。

もう一回行っても良いかも、ってちょっと思ってる。
ってくらい、ホントに素晴らしかった!!!
ちなみに、一部の作品に対して一部の人達から「不適切だ」とのクレームが入ったらしく(クレームに対する見解を美術館ホムペで公開しています)、そういう意味でも”伝説”の展覧会となるかも(?)しれません。

今月一杯やってるみたいです。
興味ある方はぜひ!!!
マジでオススメでっす!!!
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://erasers.blog26.fc2.com/tb.php/892-7a61934e
Template by まるぼろらいと