いろいろバンド・音楽ネタライブ情報ライブレポメシ・料理未分類
こんばんは、erasers(イレイサーズ)です。このBLOGでは、erasersベース・ギター&ボーカルよっしーの過去、現在そして未来などを赤裸々に(?)語っております。erasersのホムペはこちら → http://erasers.web.fc2.com/  ライブ出演依頼等はこちらまで → erasers.440@gmail.com
2011.09.20 Tue
という映画を見てきました。 →→ 公式ホムペ

1960年代から活動しているチェコの映像作家ヤン・シュヴァンクマイエル氏の最新作です。

  さえないオッサンが夢の中で理想の女性に出会い、
  夢の続きが見たいがために数々の努力を続けます。
  その努力の様が実に滑稽です。
  しかし、その夢は実は彼の幼少時代のトラウマが影響していて、、、

おっと!ネタバレなしで行きますよ、っと。

なぜ『サヴァイヴィング・ライフ』というタイトルを付けたのか?
その言葉の意味を考えています。
生き残る人生?生存する生活??
これって「頭痛が痛い」とか「白い白馬」みたいに同じ意味の言葉を続けてますよね。
生きてるから人生だし、生活なのに。。
それと夢がどういう風につながるの??
(この夢は「私には夢があるbyキング牧師」的な夢じゃなくて、あくまで寝てる間に見る夢です)
すごくポジティブなメッセージを込めてることはよく分かるんだけど。
もうちょいやってるみたいだから、誰か映画見たら僕に教えてくださいー。

ちなみに、ヤン氏の映像は実写とアニメが混在してます。
 アニメと言っても、いわゆる普通の”絵”のアニメじゃなくて、
  写真とか人形とかをコマ撮りしてちょっとずつ動かしていくアニメです。
(たぶん)あえて動きをぎこちなくしてて、それが滑稽でユーモラスでとても面白いです。
映像だけ見てても楽しいので、ぜひぜひー!!
オススメでっす!!
110920_0042101.jpg
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://erasers.blog26.fc2.com/tb.php/669-e7d22eab
Template by まるぼろらいと