いろいろバンド・音楽ネタライブ情報ライブレポメシ・料理未分類
こんばんは、erasers(イレイサーズ)です。このBLOGでは、erasersベース・ギター&ボーカルよっしーの過去、現在そして未来などを赤裸々に(?)語っております。erasersのホムペはこちら → http://erasers.web.fc2.com/  ライブ出演依頼等はこちらまで → erasers.440@gmail.com
2011.07.08 Fri
弦を「厳選!」ってほどでもないけど、、今回はクラシックギター編です。

前からちょいちょい書いてるけど、FICE炎ちんソロのバックで約2年ぶり?にクラシックギターを弾くことになりました。しかも、歌のバックで弾くのは実は初!です。

普通だったらスチール弦のフォークギター使うんだろうけど僕持ってない。。
つうことで、クラシックギターでやることにしました。

でもって、一応音色(=弦)にこだわってみようかな、と思いまして、クラシックギター専門店へGo!!

「今度、歌のバックで弾くことになりまして、歌い手さんは女性なんですが、ちょっと”キンキン”とまではいかないけど、わりとバリッした感じの声の持ち主なので、ギターの音もそれに合わせて、ポロンポロンというよりはもっと高音がしっかり出る感じの弦がいいな、と思ってるんですが、そんなんありますか?」

て聞いてみて勧められたのがコレ
  ↓
110708_hannabach.jpg
ハナバッハ社製「ゴールディン」です。

ゴールディンという名前のとおり金色の弦です
(なんかちょっとゴージャス感ありますね。)
音色的には確かに高音域がキレイに出てきます。
「クリアで透明感がある」って感じでしょうか。キラキラしてます。
”クラシックギター”と聞いてイメージする音とはちょっと違う現代的な音だと思います。
弦を張ってから一週間くらい(?)しないとチューニングが安定してこないのが難点です。。

「おー!!なんか新鮮!高音はちょっとコーラスかけたみたいにも聞こえるぞ!!生音なのに不思議。でも、コードでジャカジャカ弾くと、この独特のキラキラ感がちょっと違和感。。他の弦の音とグシャっと混ざっちゃうとダメねー。。」

今回は歌のバックです。
つまり、コードジャカジャカ弾きは必須。。
別の弦を探すことに。

で、ネットでいろいろ調べてコイツをチョイス
  ↓
110708_savarez.jpg
サバレス社製「コラム/アリアンス」です。

コイツはまたハナバッハとは違った感じで高音がシッカリ出てきます。
もっと芯があってタイトな感じでしょうか。
弦を弾いた後のレスポンス・音の立ち上がりも早い感じがします。

「おー!これはパリッとハッキリした音してるなー!コードでジャカジャカ弾いた時の全体の混ざり感も違和感ないし。でも、もうちょい高音ほしいかも。。」
「おっ!昨日弾いた時より高音弦が”鳴る”ようになってる気がする。これくらいしっかり音出てくれれば問題ないわー!」


なんかクラシックギターの弦て、エレキの弦と違って、「張った瞬間から劣化が始まる」てわけでもないみたいすね。次の日に弾いてみたら音が変わってたし、何日か経ってもエレキみたいに劇的に音が劣化することもないみたいです。ま、弦によって違うのかもしれないけど。

ちなみ、僕が高校の時先輩に言われるがままに使ってた、
そして2年前のイレイサーズ’ワンマン@池袋手刀でも使った弦がコレ
  ↓
110708_augustine.jpg
オーガスチン社製「リーガル」です。

音色は、、忘れた(笑)
あ、でも、低音弦はエレキ弦のように日に日に劣化していったことは覚えてます。

つうことで。
今回はサバレスで行きます!!
って、、ライブは今日ですよーー!!!

みなさま なにとぞ よろしゅう
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://erasers.blog26.fc2.com/tb.php/626-3078c951
Template by まるぼろらいと