いろいろバンド・音楽ネタライブ情報ライブレポメシ・料理未分類
こんばんは、erasers(イレイサーズ)です。このBLOGでは、erasersベース・ギター&ボーカルよっしーの過去、現在そして未来などを赤裸々に(?)語っております。erasersのホムペはこちら → http://erasers.web.fc2.com/  ライブ出演依頼等はこちらまで → erasers.440@gmail.com
2011.02.06 Sun
ただでもらった”なんちゃって”ジャズベ↓
101211_2027461.jpg

フレットの高さが揃ってないことが判明したので、自分で調整に挑戦です。

まず、これらを購入。

110206_1638151.jpg
マスキングテープ105円とサンドペーパー(800番)200円です。

いろいろ調べたところ、どうやら5フレットが高すぎるようです。
3フレットがビビるのに、なんで5フレットが高いのか?疑問は感じますが、5フレットが高いのは間違いないので、サンドペーパーで5フレットを削ります。
削って高さを揃えちゃおう、てことです。

サンドペーパーで指板が傷つかないようにマスキングテープで保護します。
110206_1645431.jpg

サンドペーパーはかなり目が細かいものを買ったので、スリスリやってもホントに削れてるのかよく分からない。。ここでありがちなのは、気付かないうちにやりすぎちゃって、高すぎたはずの5フレットが今度は低くなりすぎちゃうこと。なんて思ってたのに、やっちゃいました。ほんのちょっとだけど。。

それでも3フレットのビビりは直りません。
やっぱり4フレットも高かったんですね。
3フレット<4フレット<5フレットの順に高くなってたようです。

やり直しです。
ビビりの原因の4フレットと、削りすぎちゃった5フレットの隣の6フレットを削ります。
またまたマスキングテープで指板を保護して、スリスリします。
110206_1348401.jpg

結果、、
『まあ、当初よりはビビらなくなったな。これなら、まあなんとか大丈夫かな??』
『一回やり始めると細かい所いろいろ気になりだすなー。おかげで何となく分かったことがある。このネック、どうやら工作精度があまり高くないみたいだ…。特にフレットまわり。』
『ホントにシビアに調整しようと思ったら、こんな付け焼刃じゃダメだ。全部のフレットのすり合わせしないと。でも、それは自分じゃできないし、この楽器にそんなに金かけるのもねー。』
『実費305円+労働でこれくらいになればいいでしょ。』


てことで、”それなり”のところで妥協しました。
これ以上は自分じゃできません。。プロの職人さんにお願いしないとダメです。
ま、でも、2弦3弦の3フレットのビビりは解消されたので、
しかも、かなりの激安でできたので、とりあえずは良し!てことで。

ちなみに、今回の作業でこいつの楽器としてのポテンシャルもよーく分かっちゃいました。
やっぱり高い(=ちゃんと作ってある)楽器とは比べ物になりません。。
でも、同じタイプのベース持ってないし、出音は意外と普通(パワーと低音がちょっと足りないけど)なので、今後もたまに登場するかも。乞うご期待!??
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://erasers.blog26.fc2.com/tb.php/554-5957232f
Template by まるぼろらいと