いろいろバンド・音楽ネタライブ情報ライブレポメシ・料理未分類
こんばんは、erasers(イレイサーズ)です。このBLOGでは、erasersベース・ギター&ボーカルよっしーの過去、現在そして未来などを赤裸々に(?)語っております。erasersのホムペはこちら → http://erasers.web.fc2.com/  ライブ出演依頼等はこちらまで → erasers.440@gmail.com
2017.02.08 Wed
最近は週一ペースで更新されてるベースコンプの”超主観的”レビューです!
ちなみに、今更だけどホントに”超主観的”なので、あくまで参考意見てことでお願いしますww

今回はコレ↓
170207_IMG_4600.jpg
Xotic社製の「SP compressor」です。

コイツはなかなか面白いコンプです。
コンプ具合を調整するのがHi、Mid、Lo(要するに強中弱)の3段階のミニスイッチのみ。
あとは全体のボリュームと「BLEND」ツマミのみ。(実際にはふたを開けるとミニツマミがいくつかあるんだけど、劇的に音が変わるわけじゃないのでここでは割愛)

はい!出ました!「BLNED」ツマミ!
コンプをかけた音と生音を混ぜる比率を調整するツマミです。「BLEND」ツマミがあると音作りの幅がグググッと広がるので、これだけシンプルなツマミでも不自由さは感じません。ちなみに、コイツは特に「ベース用」というわけじゃないけど、ベースでも使えるようだったので試してみました。

「ふむふむ。音色変化はほぼなし。むしろ何となく音が太くなる感じするかも。3~4弦に比べて小さくなりがちな1~2弦の音も充分に持ち上げてくれるぞ!」
「エフェクト音だけだとかなりガツッとコンプかかるね。でも、ほら大丈夫。BLENDツマミがあるよ。これで全体のコンプ感がいくらでも調整できちゃう。これはなかなか良いのでは!」


てことで、お値段も比較的安めだったので購入してみた。
で、スタジオで試してみたんだけど…

「何となく音が太くなると感じたのは、実は、全体的に音が中音域に寄るってことだったみたいだ。オン⇔オフすると分かるけど、低音域の音域がちょっと狭くなってるぞ。。元からこの音なら全く問題ないレベルだけど、エフェクトかけてない音と比べて低音域が減ってることに気付いちゃうと(単に低音が減るだけなら、後ろにイコライザーをつないでブーストすることもできるけど、音域自体が狭くなってのでブーストしても意味がない)、ベースだとちょっと使いづらいよね。元からこの音なら全く問題ないレベルなだけに、、惜しい!!」

音のクオリティとか操作性とか、あとサイズの小ささも含めて(この小ささで9V電池も使えちゃう!)とても良いエフェクターなんだけどなー。マジで音作りの幅がかなり広くて、MXRのダイナコンプみたいにパッツンパッツンにかけることもできれば、ホントにサラッと微調整的にかけることもできるし。
やっぱ「ベース用」じゃないと、ベースには向かないのかなー
エレキギターでコンプ好きな人にぜひ使ってみてほしい!ってのが率直な感想だなー
これだから本当にベースは難しいよなー。ベース単体で良い音がバンド全体で混ざった時に良い音かは実際にバンドで音出してみないと分からないんだよ。。まあ、自分の耳・経験値がまだまだなだけかもしれないけど。

てことで、コイツも残念。。
でも、コイツは売却せずにまだ手元にあります。僕がギターでコンプ使う場面は多分ないので、コイツの出番も多分ないけどね。
誰かほしい人いたら売るよww

…つづく。。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://erasers.blog26.fc2.com/tb.php/1324-ee1c4411
Template by まるぼろらいと