いろいろバンド・音楽ネタライブ情報ライブレポメシ・料理未分類
こんばんは、erasers(イレイサーズ)です。このBLOGでは、erasersベース・ギター&ボーカルよっしーの過去、現在そして未来などを赤裸々に(?)語っております。erasersのホムペはこちら → http://erasers.web.fc2.com/  ライブ出演依頼等はこちらまで → erasers.440@gmail.com
2006.09.26 Tue
いやー
飲んだ飲んだ飲んだ飲んだ
あ・き・ら・か・に・・・飲みすぎた

昼からビール飲んで
→昼寝して
→夕方に起きて
→ダラダラしてから
→飲みに行って
→帰ってきてからまた飲む


イカンねー、こんな生活
飲んで寝ただけで一日が終わってしまった
しかも、あきらかに体がダルくなる
…でも、楽しいぜ!

前のblogにも書いたけど、前名古屋で一緒にバンドやっていたやつが現在弾き語りで東京ツアー中であります。で、僕もサポートメンバーでライブに出たり、やつがうちに泊まったりしたのであります。
我々が堕落しきった人間どもと化したのは9月23日(土)であります。
前日は渋谷Guiltyでライブ。翌日は渋谷タウキッチンでライブ。合間の休日にこの体たらく…。サイコーだぜ!当然ライブの日も飲むし。連日の飲んだくれ。ますますサイコーだぜ!

で、ライブはどうだったのか?(一応、書くかー)

サポートメンバーは僕の他にもう一人ドラムのやつがいて、トリオのバンド編成でライブをやりました。実は、6月にも同じメンツでライブをやっていて今回は2回目なんだよね。なので、徐々に息も合ってきて、割と良かったんじゃないか、あんまり練習してない割には。ま、曲的にはフツーに歌モノなので、僕のプレー自体はerasersとは待ったく違った"堅実"なものなんだけど、動き的にはいつもと同じ感じで、オリャーって暴れてやりましたよ。
そしたら、アンケートで「(サポートなのに)ベース目立ちすぎ」というありがたいダメ出しをいただきました!!!シテヤッタリ。

それにしても、Guiltyってすごいハコだねー
入り口からしてライブハウスとは思えない豪華な造り。設備、機材、音、店内の造り…どれをとっても、ま・さ・に「プロユース」。いかにも業界人っぽい人もいたし。出演者もありゃプロだな、多分。うますぎるもん。ハモリもバッチリ決めてくるし。おそらく、スタジオミュージシャンが趣味でやってるバンドだと思われますな。お客さんも10代~50代(?)とかなり幅広いし。やっぱプロってスゴイ!と思いましたよ。
でも、正直なところerasersが普段出てるハコとは明らかに違いすぎて、何となく落ち着かない感じがしましたよ。僕はMotionとか手刀の方が好きだ。(あ、もちろんMotionとか手刀がショボイってことじゃないっすよ。雰囲気が違いすぎるってことです。誤解しないでください。)
曲もクオリティの高さは分かるけど、イマイチ面白くなかったし。
(↑ただの負け惜しみだぁ
スポンサーサイト
2006.09.21 Thu
そういえば、このblogって当初は僕の音楽遍歴を書き連ねるはずだったんだよな。そのうち段々テキトーな感じになって、今となっては単なる日記と化しております。ま、でもいいか。別に誰にも迷惑かけてないし。(かなりテキトーな性格丸出しだなー)

さて、名古屋で一緒にバンドをやっていたやつが今東京にライブしにきていて、一昨日・昨日とうちに泊まりました。さすがに、6畳1Kに2人はきつい!せまい!でも、彼がスバラシイのは寝袋を持参していることであります。勝手に寝てくれます。どっちにしろ、うちには僕の分以外のふとんはないけどね。(僕の寝袋はあるけど。)まあ、でもヤツもなかなか頑張っているので、多少は手助けができれば良いかな、とは思っております。
2006.09.12 Tue
終わってしまった、夏休み…
でも、大満足だったぜ!

新潟に行ったのは9/1~9/2。
9/3~9/4は予定はなかったけど、その後の旅行の準備等々。
そして、9/5~9/8は名古屋に行きましたよ。朝から夕方までカンヅメで講習を受けねばならなかったんだけど、夜はた~っぷり空いていたので、去年の3月まで一緒に仕事をしてた連中とグダグダ飲み歩いたっす。うまかったなー&楽しかったなー。名古屋から東京に戻ってきて1年半くらい経つけど、そんな時間はあっという間に元に戻ってしまうねー。よく行っていたバー(名古屋で住んでいた家から徒歩2分)では、久々にボンベイサファイア(47°のジン)をショットで飲んだっす。懐かしかったぜ、あの味。歩いてすぐ帰れるのをいいことによく飲んだよね、あんな強い酒。もうover三十路の僕にはちょっと刺激的すぎたっす。おかげで翌日は二日酔いで死にそうでしたよ。(昔は若かったのねー)

あとはとにかく街を歩き回りましたよ。さすがに20代最後の5年間を過ごした街なので思い出一杯一杯。ゲップが出そうになりました。もういいや、名古屋には住まなくて。やっぱ東京が好きだ、僕は。でも、たまには行きたい&ライブやりたい!今回もバンド関係の友達とかハコの人には全然会っていないし。erasersのライブを見てもらいたいぜ、ってかなり思った。

2006.09.05 Tue
やったぜ!
ついに夏休みー
そして、行ってきました新潟県。
上越市にばあちゃんの実家があるので、そこへ墓参りに行きました。家に墓があるんすよ。っつうか、家が「正法寺」という寺なんすよ。ま、僕は一部では「地蔵」と言われたりもしているので、それも何かの縁かもしれん。

で、まわりは田んぼしかないド田舎を車で突っ走り、墓参りを済ませた後、日本三大薬湯の一つである松之山温泉に泊まりました。そしたらそこでは「大地の芸術祭」なるものを開催しておりました。
(詳細はコチラ→ http://www.echigo-tsumari.jp/ )
ま、これがスゴイ!こんなんやってるなんて全然知らなかった!
松之山は今でも段々畑が残ってたり、冬はものすごい大雪が降るようなド田舎なんだけど、その村中にアート作品が点在しています。
実は、「大地の芸術祭」は地域ぐるみで開催しているかなり大掛かりなイベントで世界的なアーティストも参加しているらしい。かなり広い地域に作品が点在していて、全部見るには1週間くらいかかるんじゃないか?ま、ちょっとだけしか作品は見れなかったけど、どれも土地の風土とか歴史とかをうまいこと消化(昇華)して表現している感じがして、個人的にはスゴク良かったなー。

特に印象に残っているのは「最後の教室」って作品。ボルタンスキーっていう現代アートの巨匠(らしいっす)の作品なんだけど、廃校になった小学校の校舎全部を使って一つの作品を創りあげております。
例えば体育館は…床一面にわらをひき、たくさんのベンチが無造作に置かれ、ベンチの上では扇風機が首を振っています。照明は暗く落とされ、天井からつるされた白熱電球がちらほら灯っています。壁一面に無数の青白い光の粒が点滅しています。
>>> 廃校になった小学校にかつて通っていた子供達の思い出や面影、雪国の人々の遺伝子に根付いているであろう雪の思い出…そんなものがイメージされてノスタルジックな気分になりましたよ。
こんな感じ↓
20060912010720.jpg

(9/11画像差し替えました。ちょっとは見やすくなったかな?)
Template by まるぼろらいと